ホーム » 未分類 » jcbのキャッシングの支払いで問題となる4営業日とは

jcbのキャッシングの支払いで問題となる4営業日とは

jcbでは、キャッシングにつき、返済日当日に支払いが完了したものとみなされていたものが、支払日から約4営業日に至るまでの間は、元金返済分を利用できなくなっています。貸金業法の改正により、総量規制が新たに導入されることになったため、過剰貸付防止の観点から、このような運用となっています。
jcbによる処理が完了するのは4営業日となるためです。支払日から4営業日に至るまでの間に、総量規制の対象となる3分の1以上の貸付を行っていないかどうかのチェックなどをしています。
jcbでは、毎月15日に利用代金の締め日を設け、翌月の10日に支払日となります。支払い金額はインターネット上のサービスである、MyJCBのカードご利用代金明細にて確認できます。
キャッシングの利用代金の支払いは、指定された口座から自動振替にて引き落とされます。支払い口座の登録には、およそ2〜3週間程度必要とされますので、手続きが完了するまでは、最寄りのコンビニで支払うか、振込で支払いましょう。
キャッシングリボ払いを利用するためには、あらかじめ利用可能枠を設定している必要があります。各種変更手続きは、支払日の5営業日前か、あるいは、6営業日前までにしておきましょう。